美容整形外科医院を探しているなら|情報収集が大切

フェイスリフトで若返り

後ろ姿の女性

高度な技術が必要

フェイスリフトはアンチエイジングの切り札とも呼べる施術で、仙台の美容外科でも多くの方が受けています。顔のシワを取るにはヒアルロン酸注入やボトックス注射など、比較的手軽な方法がいろいろあって、こうしたプチ整形に力を入れている美容外科が近年では主流になっています。それに対してフェイスリフトはメスを入れる手術なので、ためらいを覚える方がいるかもしれません。また医師にも高度な技術力が要求されるため、安心して任せられるクリニックは限られています。しかし効果の高さを比較すれば、フェイスリフトは最も確かな若返り方法と言えるでしょう。部分的なシワ取りなら注射でも対応できますが、たるんで余った皮膚を直接的に引き上げる方法は他にありません。仙台には設備の整った美容外科と経験豊富な名医がいるので、こうした高度な手術を受けることができます。仙台の美容外科で受けられるフェイスリフトには、いくつかの種類があります。たとえば顔全体のリフトアップだけでなく、特定の部分だけを引き上げることも可能です。一般的なフェイスリフトはSMAS法と呼ばれ、表面の皮膚だけでなく皮下の筋膜を持ち上げるため、たるみが解消され半永久的な効果が期待できます。このとき切開する部分はこめかみ、耳の前、耳の後ろなどです。こめかみを切開した場合は、特に目元を若返らせる効果があり、傷跡は髪の毛に隠れるので見えません。耳の前を切開する場合は、ほうれい線や頬のシワを取ることができ、傷は小さく時間が経てば目立たなくなります。頸や顎のたるみを取るには、耳の後ろを切開するのが効果的で、やはり傷跡は目立たない場所にできます。このような施術に脂肪吸引を組み合わせれば、よりアンチエイジング効果を高めることができます。フェイスリフトは大がかりな手術になるので、ダウンタイムも1〜2週間ほどかかり、落ち着くまでに時間が必要です。そこで仙台の美容外科では、ダウンタイムの短いミニリフトという施術を受けることもできます。基本的にはフェイスリフトと同じですが、たるみが比較的少ない場合に向いており、施術範囲が狭いため体への負担が小さいのが特徴です。どうしても傷跡を残したくない方には、メスを入れないスレッドリフトという施術を利用できます。結び目や枝分かれのある糸を挿入し、皮膚を引っかけて持ち上げるリフトアップ方法です。どの部分に何本の糸を入れるかは、クリニックによって異なるので、まずは医師と相談してください。

Back to Top